アトピー性皮膚炎との壮絶なこれまでの戦いとは?

病気

アトピー性皮膚炎と聞いて皆さんは一体どんな事を思いますか??

私は小さいころからアトピーとずっと付き合ってきました。

良い時もあれば、ものすごく悪くなった時もありましたが、そのたびに辛い苦しい思いもたくさんしてきました。

正直この辛さは、なった事のない人には伝わりづらく、理解してもらえるのが難しい物でもあります。

そこで今回は、少しでも知らない人に知ってもらえるように、同じ経験をしたことのある人たちの励み・共感・参考にしてもらえるように、どんな経験をしてきてどんなことが原因で悪化するのか、改善したきっかけなどをお伝えしていこうと思います。

スポンサーリンク

小学生時代はアトピーが原因でいじめられた事がある

小学生の頃は、今とは違い顔や首回りなど露出しているところにも、アトピーが出ていたため、一部の同級生から見た目の事でからかわれて、いじめられた事も少なくはありません。

小学生の頃なので言っていいこと悪い事が分からすに、つい口から出た言葉かもしれませんが、当時は親にも相談できずに日々つらい毎日を耐えていました。

よく言われて傷ついた言葉の中には、触るとうつるとかゾンビという言葉が多くありました。

物心の付き始めたころでもあるので、ただでさえ余計に人目を気にしていたため、その言葉は本当に針のように胸に刺さりました。

それでも、中学生ごろになると顔や首などの見える部分のアトピーは改善して、目立たなくなったため、そのあとはいじめられたり、からかわれたりすることは少なくなりました。

見た目には伝わらないかゆみとの戦い!

アトピーはかゆみとの戦いです。

冬場は乾燥して肌がカサついたりすることでかゆみが悪化することが多く、さらに暖房などを使えば、部屋が乾燥したり身体が温まってくるとかゆみが出たりもします。

夏場は、汗をかいてその塩分でかゆみが出て、特に膝の裏や腕も曲げる部分は汗をかきやすかったり、パンツなどでウエストにあたる部分にも汗を良くかくためかゆみが増します。

夏場は特に、アトピーがひどい時には半袖を着るのにも抵抗がありました。

一時期は真夏でも半袖の下に薄手の長袖を着たりして常に隠すようにしていた事もあります。

居酒屋で働いていたことは、毎日のように洗い物や料理にドリンクを作ったりすることがあったため、仕事中は手に薬を付けることも出来ずに、かなり状態が悪くなりました。

アトピーと付き合いの長い人には当たり前のことですが、普通の人のようにかゆい時にかゆいところをかくということができないのです。

理由は、かくとひどくなるからですが、かきむしって血が出たり、傷になったりなんて当たり前のことです。

ですが、そのかゆみを我慢することが一番つらいところで、我慢できるかゆみならそもそもアトピーはひどくはならないと思うし、そこまで悩むこともなかったと思います。

そこが、アトピーがある人とない人の感じ方の違いで、伝わりにくい・理解してもらいづらいところなのです。

ストレスによるアトピーの悪化

季節や様々な状況でアトピーは悪化することがありますが、私の場合は仕事のストレスや、人間関係からくるストレスが悪化の原因になることがほとんどでした。

その他にも、不規則な生活習慣・食生活なども原因の一つです。

ストレスは基本的にはどんな病気にも悪影響を与えることが多いですが、その中にはアトピーを理解してもらえないというストレスなどもあり、一度悪化するとさらにかゆみなどで、ストレスが溜まり仕事にも影響するなど悪循環が続いてしまいます。

仕事は休めないし・かゆいし・分かってもらえないなどで一気に爆発してしまうこともたまにあり、一日中泣き続けたこともあります。

仕事や学校などでストレスのない人はほぼいないと思いますが、とにかくストレスは何事にも良くありません。

日頃からいかに発散するか、どのような考え方をするかによってもストレスの度合いは大きく左右されてくるので、何かしら楽しい事や何も考えずに打ち込めることを見つけることも大切だと思います。

アトピーが劇的に改善したきっかけとは

私のアトピーが劇的に改善するきっかけになったのが、ダイエットを始めた事とストレスが減った事です。

仕事は、これまでずっと接客の仕事をしてきましたが、人間関係の悪化をきっかけに辞めることになり、人間関係でのストレスがなくなった事・他人へ極端に気を遣わなくてよくなったことが、アトピー好転の要因の1つでもあります。

ダイエットを始めてからは、食べる物やその栄養素・基本的な知識を片っ端から調べたりして様々なことを意識してこれまでに食事改善をした結果、ダイエット順調に進み、さらに体質改善も出来てアトピーによるひどいかゆみはなくなりました。

アトピーの傷跡はたくさん残ってしまったものの、赤みなどの炎症はほとんどないと言っていいほどです。

小さいころから現在までで、今が一番状態がいいように思います。

生活もしやすくなり、精神的にもかなり前向きになりクヨクヨ悩んだり、落ち込むことも少なく、ストレスも前のようにはないので毎日が充実しています。

まとめ

これまでにアトピーで辛い思いもしたことはたくさんあり、精神的にもかなり追い込まれたこともありました。

ですが、アトピーが改善した今思うことは、その経験をしてきたから分かることがとても多いし、同じように苦しんでいる人の気持ちも、その経験がなければもちろん分からなかったと思います。

人の苦しみや悲しみが分かる人って、辛い思いをしている人たちにとってはとても重要な存在なのです。

私は、人に話すことやぶちまけることができずに、一人で悩んで多くの時間を無駄にしてしまいましたが、きっとそういう人がその時一人でもそばにいたら最悪の状況は避けられたかもしれません。

なので、これからは自分と同じような経験や辛い思いをしている人にとって、その状態や気持ちを理解して共感し、少しでも助けになれたらと思っています。

皆さんの中にも悩みを抱えている人もたくさんいると思いますが、誰か一人にでも打ち明けることや相談することから始めてみてください。

   

スポンサーリンク
スポンサーリンク
病気
スポンサーリンク
紅りんごをフォローする
スポンサーリンク
お問い合わせ

    お問い合わせ

      スマイルブログ ☺
      タイトルとURLをコピーしました