免疫力アップ・ダイエットに効果的な食材! 大根 編

ダイエット

皆さんは普段、大根は食べていますか??大根は私たちにはとても身近な食材で、様々な料理に使われていて、バリエーションも豊富です。

水分が多くて、低カロリーの大根はその健康効果やダイエット効果を知る人は多いかもしれません。

そこで今回は、大根に関連して特に大根を生で食べることで起こるメリットについてどんなものがあるのかをご紹介していきますので、皆さんも是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

大根を加熱せずに生で食べるメリットとは

1.代謝を上げてダイエット効果UP

代謝とは、体内に入った食べ物が消化された後に、吸収された栄養素が身体に必要な物質やエネルギーに変わることをいいます。

しかし食べ物を消化したり、代謝するのには主に酵素が使われていて、消化の段階で酵素を使い切ってしまい、代謝にまで回らずに不足することで、代謝が落ちてうまく行われなくなってしまいます。

ダイエットにおいては、代謝は特に重要で酵素がダイエットの重要な成分でポイントになります。

そこで、生の大根には、アミラーゼという消化酵素が豊富に含まれていて、その酵素が補給できれば代謝もうまく行うことができて、ダイエット効果のアップにも繋がります。

2.血糖値の急上昇を抑制・太りにくくする効果

ダイエット中には、血糖値のコントロールが重要で特に炭水化物の摂取量を抑えることがいいとされています。

それは、炭水化物を摂取しすぎることで、血糖値が急上昇してその上昇を抑えるために、インスリンが分泌されその働きで、脂肪の生成・蓄積を促進させてしまうことがあり、太りやすくなってしまうことがあるからです。

大根に含まれている、食物繊維やアミラーゼ・ビタミンC・イソチオシアネートには、血糖値の上昇を抑える作用があるため、ダイエットなどにも効果を発揮して、太りにくくなることが期待できます。

3.美容効果

大根を切ったり・おろしたりして刺激が加わることで、大根の辛み成分であるイソチオシアネートが発生します。

この成分には、代謝の促進や抗酸化作用・血液サラサラ効果などもあるので、ダイエットはもちろん美容効果も期待できます。

4.便秘解消・改善効果

大根には、水溶性食物繊維が豊富に含まれていて水分も多いため、ダイエットや美容に大敵の便秘の解消・改善効果が期待できます。

大根を食べる時の効果的な方法・注意点

・大根おろしにして食べると効果UP

大根の栄養素は熱に弱いという特徴があり、酵素などの効果を効率的に得るためにも、大根おろしにして生のままたべるのがおすすめです。

大根おろしにすることで、辛み成分のイソチオシアネートがたくさん発生して、代謝アップや抗酸化作用の効果も高まるため、ダイエットや美容効果も期待できます。

・食前や食事中に食べる

生の大根を食べることで酵素を摂取し、その働きによって消化・吸収を促進して代謝を高めることができます。

さらに、大根を食べることで満足感もアップして、食べすぎを防止する効果も期待できます。

・1日の摂取量300gを目安に

一日に300g(厚さ約6cm)ほどを目安に食べることで、ダイエットにも健康にも効果的で、大根は100g当たり約18kcalと低カロリーです。

いつもの食事に、大根おろしを一品加えるだけで、効果が期待できます。

注意点

大根おろしは時間が経ってしまうと、効果が薄れてしまうため作り置きなどはせずに、食べる直前におろすのがポイントです。

さらに、大根の有効的な栄養素は特に皮の近くに多いため、汚れたりしている部分だけを取り除いて、皮ごと食べることでさらに効果を高めてくれます。

まとめ

大根は、基本的には加熱して味噌汁や煮物などに使うことが多いかもしれませんが、生で食べることでこんなにも良いことがたくさんあります。

もちろん、加熱して調理したとしても、カロリーは低いのでダイエット効果は得られると思います。

ダイエットや健康を気するならば、大根おろしや細かく切って大根サラダにして食べるのがいいかもしれませんね。

皆さんもこれを機に、毎日の食事に生の大根を取り入れてみてはいかがでしょうか??

これからも、無理のない健康的な体作りやダイエット、腸活・免疫力アップを心がけて皆さんも一緒に頑張って行きましょう!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ダイエット
スポンサーリンク
紅りんごをフォローする
スポンサーリンク
お問い合わせ

    お問い合わせ

      スマイルブログ ☺
      タイトルとURLをコピーしました