腸活・ダイエットに効果的な食材! 太りやすい・痩せやすい果物 編

ダイエット

ダイエット中や、健康のために果物を食べるようにしている人も多いと思いますが、果物の中にも食べ方によっては太りやすいものだったり、痩せやすい効果がある果物があります。

そこで今回は、太りやすい果物・痩せやすい果物をいくつかご紹介して行きますので、皆さんも是非取り入れてみてはいかがでしょうか??

スポンサーリンク

太りやすい果物とは??

実は太りやすくなる果物には…

バナナ・パイナップル・マンゴー・デーツ・ブドウ

などがあり、脂肪になりやすく太りやすくなる果物と言われています。

これらの果物は、糖分が高くソルビドールという甘味成分が含まれているため、胃腸内でガスが溜まる原因になります。

胃腸内にガスが溜まることで、体重増加に繋がりお腹周りの脂肪が増える原因になることがあります。

特にバナナとマンゴーには糖質でもあるデンプンが質が豊富に含まれているため、食べ過ぎてしまうと太りやすくなります。

ですが、これらの果物もダイエットに効果的な食物繊維やビタミンが豊富に含まれているので、食べる量や食べ方に気を付けることで、ダイエット効果の高い食材へと変わります。

痩せやすい果物とは??

イチゴ

イチゴにも糖質は含まれていますが、その他に含まれている栄養素によってダイエット効果が期待できます。

血糖値の上昇を抑えて、コレステロール値を下げる効果もあり、さらに、ビタミンCや血を作るビタミンや葉酸も含まれているので、ダイエットや貧血予防にも効果的です。

ただし、イチゴは水分が多く腐るのも早いのでスムージーなどにして飲むのもおすすめです。

グレープフルーツ

グレープフルーツは低カロリーで、痩せる香りもあるためダイエットに効果的なフルーツです。

皮の周りには、苦み成分ナリンギンが含まれていて、脂肪の分解を促進させる効果もあり、食欲を抑えて満腹中枢を刺激する働きもします。

スイカ

スイカに含まれているカリウムは、むくみの原因になる体内の余分な水分や、老廃物を体外に排出する効果があるため、むくみの解消効果が期待できます。

特にむくみやすい、顔やお腹周り、手や足に作用して部分痩せの効果も期待できます。

アミノ酸の一種のシトルリンも含まれていて、体内の老廃物や有害物質を排出し、血流を改善する効果があります。

シトルリンは、主にスイカの皮の白い部分に多く含まれているので、そこまで食べるようにするとより効果が期待できます。

果物を食べるときの注意点

一般的に、缶詰になっている果物は加糖されていてカロリーや糖質が高くなってしまうので避けるようにしましょう。

パンケーキやスイーツなどと一緒に合わせると、これもカロリーや糖質が高くなってしまうので避けるようにしましょう。

フルーツだけを食べるのではなく、基本的にはバランスの取れた食事を心がけるようにしましょう。

太りやすい果物の痩せやすい食べ方とは??

常温で食べる

冷蔵庫などで冷やした食べると、胃腸が冷える原因になり消化吸収の力が弱くなってしまいます。

朝食や間食として食べる

果物は、30分程度で消化されますが、他の食事と一緒に摂取することで、消化不良の原因になることもあります。

特にバナナは、糖質やカロリーが他の果物に比べて高めなので、食べる量に気を付けて、炭水化物と同じととらえて、朝食や間食に食べるようにしましょう。

皮ごと食べる

基本的にフルーツの皮には、食物繊維が豊富に含まれていて、体重が増える原因のインスリンの数値を下げてくれる効果があります。

食べられるフルーツの皮は、一緒に食べてしまうようにするとより栄養もたくさん摂取することができます。

まとめ

果物は、甘みがあっておいしいものがたくさんありますし、健康にもよく体にいい栄養素がたくさん含まれています。

ただどの食べ物もそうですが、食べすぎればもちろん何かしらの悪影響が出るものです。

適量を、ベストな時間やタイミング、ベストな調理方法や温度にすることによって、太りやすいと言われている食べ物もそうではなくなります。

工夫次第では、可能性は無限になるというわけです。ダイエットや腸活に良いものを組み合わせて、皆さんもこれからの健康的な体作りなどに、活かしてみてはいかがでしょうか??

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ダイエット
スポンサーリンク
紅りんごをフォローする
スポンサーリンク
お問い合わせ

    お問い合わせ

      スマイルブログ ☺
      タイトルとURLをコピーしました