腸活・ダイエットに効果的!! デブ菌を減らして痩せやすくなる食品!

ダイエット

最近よく話題になっている、『痩せ菌』は皆さん耳にしたことがあるかと思います。

それとは反対に、『デブ菌』も存在していますが、簡単に言えば痩せ菌とは反対の効果をもたらす菌です。

少し前にも、痩せ菌を増やす食材を色々ご紹介してきましたが、今回は、デブ菌に注目してデブ菌に関連したことや、デブ菌を減らす食品について話していこうと思います。

皆さんも是非参考にしてみてください。

痩せ菌を増やす食品の記事はこちら ↓

スポンサーリンク

デブ菌が増えるとなぜ太る??

デブ菌とは… 腸内細菌の一種で、腸内にデブ菌がたくさんあることで、太りやすく痩せにくい体質になります。ダイエットに重要なのがデブ菌と痩せ菌の比率です。

人間の身体は、食事して摂取した物の栄養や水分の80%が小腸で吸収されて、残りが大腸を通って体外へ排出されます。

デブ菌は、消化された物を体内に溜め込む性質があり、デブ菌の比率が多いと、本来排出されるはずの物まで吸収して、体内に溜め込むために余分な脂肪まで蓄積されて肥満の原因になります。

つまり、逆に痩せ菌の比率が増えれば、自然に太りにくくて痩せやすい体質になるということです。

デブ菌が増えやすい食べ物とは??

砂糖・お肉・小麦粉を使った食品・揚げ物・冷たい物 など

これらの食べ物があり、食べ方や量にもより違いはありますが、基本的にはデブ菌を増やす食べ物だと言われています。

お肉に関しては、脂質の割合などに注意してバランスよく食べれば問題はないです。

腸内で、デブ菌(悪玉菌)の割合が増えると、腸内環境が悪くなり、痩せにくくなってしまいます。

デブ菌を減らす食べ物とは??

1.納豆

納豆は、腸内環境を整えて、善玉菌のバランスの良い環境を作り出してくれます。

さらに納豆菌は、繁殖力にデブ菌を減らす効果があると言われているので、とても効果的な食品です。

納豆に合わせるとさらに効果的な食品…

キムチ・オリーブオイル・大根おろしなど

納豆の関連記事はこちら ↓

2.酢キャベツ

食物繊維の多いキャベツを、酢キャベツにして食べることで、デブ菌の繁殖を抑えて悪玉菌の過剰な繁殖を防ぐことも出来ます。

毎食100g程度を目安に食べることで、さらに効果を上げることができます。

3.もち麦

もち麦は、白米と比べると低カロリーなうえ栄養価も高く、食物繊維も豊富に含まれています。

腸内に残った、余分な栄養素を体外へ排出してデブ菌を減らすことができます。

もち麦ダイエットの方法…

白米ともち麦を半々の割合で炊くだけなので、誰でも簡単に取り入れることができるのでおすすめです。

4.酢玉ねぎ

玉ねぎには、痩せ菌の好物の食物繊維とフラクトオリゴ糖が含まれています。

腸のエネルギー源でもある酢と、玉ねぎを組み合わせることによって、腸内環境を整える効果はアップし、さらにオリゴ糖が豊富なはちみつなどをプラスすることで効果が倍増します。

玉ねぎのスライスを作るときなどは、水にさらしてしまうと必要な成分が溶け出してしまい、効果が弱くなってしまうこともあるので、そのまま食べるようにしましょう。

5.豆腐

豆腐は、低カロリーで脂肪を減らす成分が含まれていて、豆腐に含まれている大豆オリゴ糖が、善玉菌のエサとなって腸まで届くことで、腸内環境を整えることができます。

豆腐は、そのまま食べるのが理想で、絹ごしと木綿どちらでも効果は変わらないので、好みの方を選んで食べるといいでしょう。

まとめ

腸活や、ダイエットをする上では、デブ菌痩せ菌問題はかなり重要なポイントになってきます。

しっかりと、デブ菌を減らして痩せ菌を増やすことができれば、効率的にダイエットにも効果があられると思います。

運動なども大切ではありますが、まずは食べるものを見直して、腸活から始める方がスムーズにダイエットすることができると思います。

これを機に、皆さんも腸活を始めてみてはいかがでしょうか??

これからも、無理のない健康的な体作りやダイエット、腸活などを心がけて皆さんも一緒に頑張っていきましょう!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ダイエット
スポンサーリンク
紅りんごをフォローする
スポンサーリンク
お問い合わせ

    お問い合わせ

      スマイルブログ ☺
      タイトルとURLをコピーしました